テーマ:ボーカル

CHARITO

あれからもう20年ぐらいたつだろうか。久しぶりにチャリートの生を山ちゃんバックでお茶NARUで聴いた。素晴らしい歌手だ。はじめて聴いたのはたしか、やはり山ちゃんバックで、六本木交差点近くにあった(当時)BODY&SOULだったと記憶している。なんてうまいんだろう!東南アジア風で見慣れない顔だが、実にいい。感動した! 今や世界的なジャズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

akiko~collage

akikoに最近すっかりはまってます。 天は二物を与えたんですね。歌は上手い、チャーミング、性格もよさそう。 なにしろ聴いてたら、気分良くなります。 まったく外人ヴォーカリストに引けをとらない、英語力、表現力。 スタンダードも、スタンダードにも歌うし、新しいサウンドでも歌うし、 なにしろ器用なんでしょうね! 一度、大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rainy Afternoon~赤坂由香利

まさに今日のような天気にぴったりのアルバム。赤坂由香利さん(以後ユカピー)の二作目のアルバムがまたなかなかいいんですね。週末のレイニーアフタヌーンにコーヒーか紅茶飲みながら聴くのもいいし、ミッドナイトにウィスキーちびちびやりながら聴くのもいい! デビューアルバムより、ちょっと肩の力が抜けて、かなりバージ…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

Blue Prelude~赤坂由香利

今もっとも気になる、シルキーヴォイス~赤坂 由香利 さんのデビュー・アルバム~Blue Preludeを最近よく聴いています。 なぜ今まで知らなかったのか? ジャズの奥は深い。深海をもぐるような奥深さを感じています。こんな素晴らしいジャズシンガーを知らずして、ジャズを知っているとは言えない!! バリーマニローのWhen The…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

TAPESTRY~CAROLE KING

時々無性に聴きたくなるのが、キャロルキングのタペストリー。今から30年ちょっと前でしょうか、何度も何度も聴いて、意味も解らず歌詞を覚えてました。 時々、SO FAR AWAY DOES ANYBODY STAY IN ONE PLACE・・・・とか、WHEN YOU'RE DOWN AND TROUBLED WHEN YOU NE…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

レディキム LIVE AT サルデクラ

地元のJR外房線土気駅前のサルデクラでのライブとしては9月末の秋吉敏子以来であるが、11月11日に、噂のレディキムを聴いてきた。 地元のライブということで、顔見知りが数名いたりして、青山、六本木のライブハウスとはちょっと違った雰囲気になる。なんというのか、ジャズというものがもっと身近に感じることができる。「この方もジャズがお好きだった…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

JANE MONHEITライブアットBLUENOTE TOKYO

6月29日(木)、ブルーノート東京でジェーンモンハイトのライブを聴く。なかなか心地よいひとときで、ビールが美味しかったです。 詳細はHPのCLUB"M"に記載しましたが、やはり女性のジャズボーカルというのは、素敵ですね。特にライブという空間で、聴ける贅沢感というのはたまらなくいいです。 テイキング・ア・チャンス・オン・ラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

細川綾子~to Mr. Wonderful

細川綾子さんというヴォーカルのライブを以前よくいっていた。たしか、六本木のサテンドールのライブのときにサインを貰った。あれからもう21年がたったのかと、懐かしく思い出しております。大隅さんのトリオで、青木弘さんのピアノ、ベースは山口さんだったかなぁ? バックの山本剛(ヤマチャン)が、ノリノリのスインギーなピアノでイイ感じで…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

メル・トーメ~Swings Shubert Alley

メル・トーメを聴くと、春を感じる。 先週の雪が少しずつ解け、春の気配を感じるこのごろ、彼の抜けるような声を聴くと、爽快な気分になる。失礼だが、顔からは想像できないような素晴らしいヴォイスを持っている。 このアルバムの、ハローヤングラバーを聴くと、高校生のころに聴いた自分をすぐに思い出すのも、メルトーメの凄さの証左ではないだろうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

akiko~GIRL TALK

歌手でakikoといえば、矢野顕子、小林明子、小坂明子というのがすぐに出てくる。しかし、今、一番の注目がakikoである。本名は石井明子というらしいが、akikoのほうがいいね。 何しろジャズヴォーカルのセンスがある。英語も上手だが、なんか違うものを持っている。Crazy he calls meは、しびれる。 ネットでも聴ける。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Killing me softly:秋のお薦め名盤

32年前のアルバムであるが、まったく古びてない。ロバータフラックの名盤を久しぶりに聴いてみた。ジャズを聴き始めて2年目頃だったと思うが、高校1年の時に新譜レコードを購入した。ピアノのふたのところが、開くようになっているアルバムで、画期的だった。 独特の声が、何年たってもロバータフラックとすぐにわかる。名盤は時代を超える力がある。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more