エアロバイクに合うジャズ

週末朝食の後、エアロバイクをこぎながらちょうど合うジャズがある。 今朝の一曲は、ジャッキーマクリーン&デクスターゴードンの、THE MEETINGに収録されている、 ON THE TRAIL。iPhoneをエアロバイクの横に置いてならしながらこぎました。 長さ13分ちょっと、店舗ミディアムで曲自体がゆったり広い大地を自転車です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風邪っぽい週末の1枚

なぜか土日に風邪を引くことが多いような気がする。 きっと月曜日の朝には治っていて、また仕事に行くのだろうが。。。 土曜の午後、薬が効いたせいか、眠い。 聴きながら、よく眠れる一枚はこれ。 ケニードリューのMoonlit Desert。 ストリングスが入ってバラード系の曲が多いので、実によく眠れる。 ムーンリット・デザート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の日に聴きたくなる、ジャズ

今日のように雨の土曜日なんかの午前中に聴きたくなるジャズといえば、まずこれをあげます。 ウィントンケリーのWYNTON KELLY。 枯葉の演奏が有名なアルバムの一曲目の COME RAIN OR COME SHINE 降っても晴れても。 ケリー節の最高アルバム。ケリー節の特徴、良さを言葉で表すのは難しいが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜日に聴きたくなる一枚

アルバムのタイトルの重要性を感じるアルバムはこの一枚が一番強いと思う。 マーケティングセンスがあるプロデューサーだったのかもしれないなと思う。日曜日になると、聴きたくなることもあれば、聴かなきゃと思う時もある。 Sunday at...である。 Sunday at the Village Vanguard: Kee…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GWに聴きたくなる曲

カリフォルニアシャワーを最初に聴いた時、なんというか、カリフォルニア的というか、ホリデー的というか、 くつろぎを与えてくれた音楽だった。 ハードバップ時々晴れのような、そんな印象があった。 チャーリーパーカー的としか思ってなかった渡辺貞夫という人間の幅の広さに脱帽したアルバムである。 30年以上たっても色あせない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洗濯物干しながら口ずさみたくなる曲

週末洗濯物を干すのが楽しくなる曲はどんな曲でしょうか? 今朝、曇り空を仰ぎながら、最初の一枚、タオルを干しながら、 晴れたらいいなぁと思いながら、 On A Clear Day Good LifeOjc 1991-07-01 Oscar Peterson Amazonアソシエイト by オスカーピータ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週末のおすすめジャズ

意外と最近のローテーションに入っていない、昔から好きだった人がひとつのポイントです。 たとえばソニーロリンズ。 ジャズを聴き始めた原点です。 巨人、ソニーロリンズのアルバムを聴くことで、若かりし頃の気持ちに戻り、原点に戻ることができます。 仕事や人間関係で疲れた週末なんかは、そんなジャズの効用がおすすめですね! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャズの魅力を通勤電車で考える~その3「裏コードは味がある」

ジャズを習い始めた学生の頃、先生に裏コードなるものの存在を教えてもらってから、一気にジャズにのめり込むきっかけになったことがありました。 ジャズのコード進行で有名なツーファイブというのがあります。 ハ長調の場合、Dm7 G7 C となりますが、このG7に裏コードを使っていいと、教わりました。 たとえば、こうなります。 裏コー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャズの魅力を通勤電車で考える~その2 「歌モノを聴くと英語が強くなる」

中学からジャズヴォーカルをよく聴いていたからだと思いますが、高校の英語の成績が、実は良かったんです。大して勉強はしないのにそのような結果だったのは、毎日毎日、親が嫌がるほど、ジャズレコードを聴いては歌詞を口ずさむのが日課になっていたからと、今になって思う次第です。 ビリーホリデー、サラボーン、カーメンマクレー、ダイナワシントン、ヘレン…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ジャズの魅力を通勤電車で考える~その1「LIVEは人生の縮図」

仕事が忙しく、心と懐にゆとりがないせいか、ジャズLIVEに今年はほとんど行けてません。 行けないからこそ行きたくなる思いがつのるこの頃です。 それ故ほとんどが通勤電車のiPhoneで聴くのがもっぱらです。(^^;; 40年超聴いてきたジャズについて、その魅力を車中でノートして参ります。 ーーー 曲の構成のバリエーションが楽しめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらばアップルと言いたくなった瞬間

Appleのサービスに久しぶりに幻滅しました。 何かというと、iPhone5SとiPadAirのユーザー辞書機能が使えなくなったので、午前中にカスタマーセンターに問い合わせしたら、さんざん保留した挙句、復元してくれと。めんどくさいので電車に乗ってジーニアスに来てみたら、OSの問題だと、英語訛りのポニーテールのお兄さんにあっさり言われた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薔薇の曲といえばこれ

デクスターが吹くとどんな曲でもさまになる。 そしてジャケットが絵になる。酒とバラの日々なんていうヘンリーマンシーニのスタンダードも、軽々とかっこいいジャズにしてします。テーマが美しいゆえに、我々のような素人がやると、アドリブがテーマに負けてしまうことがたびたびあるが、巨人デクスターが吹くと、テーマをどんどん凌駕するアドリブを展…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千葉ジャズスピリッツ VALENTINE JAZZ LIVE

千葉ジャズスピリッツのジャズライブです♫ ハードバップを中心としたモダンジャズを演奏する地元のアマチュアジャズバンドです。トランペット、テナーのフロントに加えて、 メローなヴォーカルもあります。 CJSとして、このお店では2回目のライブとなります。リーズナブルプライス、ボリュームたっぷりでとても美味しいお料理が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画「情熱のピアニズム」予告編

ジャズファン必見の映画が今日から上映開始。 天才ピアニスト、ミッシェルペトルチアーニ。36歳の若さでこの世を去った天才のドキュメンタリー。 生まれながらの障害をもちながら、あのような素敵なピアノを弾ける才能を神は与えた。 明日みにいこう! ジャズをあまり聴かないような方でも、ペトのピアノを聴くと心を揺さぶられると思います。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Key in F

MacBook ProのFのキーボードが壊れてしまい、銀座のアップルストアのGenius Barに行きました。 前日にiPhoneのアプリで予約して、時間通りに行くと、さっとカウンターに案内してくれる。 左横では、アジア系の外人のお姉さんがMacBook Airの対応を英語が流暢な日本人男性にしてもらっている。 右横で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

なぜスタバに行くのか? ー 空間価値の向上効果としてのジャズ

なぜスタバに行くのか?と聴かれて、どう答えるだろうか。 比較的珈琲は高いが、どうしてだろうか? 少し考えてみました。 スタバに行きたくなる理由 1)店員が感じが良い 10% 2)おかわり100円 30% 3)お水お願いすると、氷お入れしますか?と聞いてくれる。 5% 4)無料Wi-fiが今月から開始。(千葉は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iPod & iPhone Dock

いまもっとも欲しいものがこれ。 やっぱりジャズを聴くのは、JBLか、BOSEか。値段的やさしいのはJBLか。でも長い目でみたらBOSEか。 JBL on station TM III P ブラック ONSTATION3PIPBLKJJBL 2008-10-22 Amazonアソシエイト by BOSE サウンドド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more