テーマ:キースジャレット

Keith Jarrett : If I should lose you

25年前に来日した時のキースジャレットトリオの演奏。 今年の9月末のチケット確保しました。 さて四半世紀たった演奏はどうなっているか、大変楽しみです。 ジャックディジョネットとゲイリーピーコックがまだ若いのが印象的です。 スタンダーズ Vol.2ユニバーサル ミュージック クラシック 2003-04-23 キース・ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バレンタイン

バレンタインデーの2月14日が知らないうちに過ぎているというようになって久しい。(^^; 当日夜遅く、同居人からスーパーのセールのガーナチョコレートをもらって気付いた。 それはそれで昔から好きなチョコレートだったので、別の意味でうれしかった。 高校時代は、なんだか知らないが沢山もらった時期があったが、SO FAR AWAYだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キースジャレット~The MELODY AT NIGHT スローバラードが無性に聴きたくなる季節

SLOWなブギにしてくれ!なんていう小説があったが、人間は時に、甘いものを欲するかのように、スローなもの・時を欲するときがある。 ジャズを聴くのは目いっぱいスローなキースジャレットであったり、 (曲目) 1 I Loves You Porgy 2 I Got It Bad And That Ain't Good …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

晩秋のキース・ジャレット

キース・ジャレットのUP FOR ITの枯葉はなかなかの名演である。枯葉という本当に誰もが演奏する超スタンダードをオンリーワンの演奏をするのは難しいところだが、ビル・エバンスやウィントン・ケリーの枯葉とは違う歌い方である。アドリブのほうが原曲よりも美しい響きがする。40数年の進化なのかもしれない。キースジャレットという才能と同時代に生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more