雨の日に聴きたくなる、ジャズ

今日のように雨の土曜日なんかの午前中に聴きたくなるジャズといえば、まずこれをあげます。

ウィントンケリーのWYNTON KELLY。

枯葉の演奏が有名なアルバムの一曲目の

COME RAIN OR COME SHINE

降っても晴れても。

ケリー節の最高アルバム。ケリー節の特徴、良さを言葉で表すのは難しいが、

聴くと、そうそうこれ!とすぐわかる。



ベースは、サムジョーンズとポールチェンバースが入ってますが、

この曲はサムジョーンズのようです。

ベースラインに二人とも特徴があるので微妙に違いがありますね。

ドラムスはスウィンギーなジミーコブ。

これを聴いただけで、1日、雨だろうが晴れだろうが、気持ちよくなる一曲です。

そんな週末土曜日朝聴いてます。


WYNTON KELLY!(2CD)
Vee Jay Recordings
2004-10-12
WYNTON KELLY

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by WYNTON KELLY!(2CD) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック