Moritatジャズ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS SHADOW OF TIME - HAKUEI KIM

<<   作成日時 : 2008/03/04 20:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


最近注目のジャズピアニスト、HAKUEI KIMの新作〜SHADOW OF TIMEが素晴らしい。
ライブを精力的にやっており、何度か最近ライブを聴く機会もあった。最も最近では、3月2日の日曜日。本アルバムの発表記念ライブが、モーションブルー横浜であったので、着物deJAZZプチイベントよろしく、着物美女とご一緒させていただいた。
演奏も素晴らしかったが、演奏後のサイン会が終わって、着物美女軍団との撮影会の撮影係りを仰せつかった。約10名の着物美女との撮影写真は掲示できませんが、ファインダー越しに見ても、ハクエイさんはいい男です。そして性格がいいんです。PIANOの上手さと腰の低さの反比例は、ジャズギタリスト杉本篤彦さんと甲乙つけがたいところです。

さて、この新作アルバムは、全8曲の選曲が面白い。個人的には3曲目のシダーウォルトンの名曲、HOLY LANDが入っているだけで十分ぐらいうれしい。アルヘイグの名盤があるが、それとはだいぶ違って、かなり速いテンポのテーマで、新鮮な曲に仕上げている。でも原曲の持つ美しいテーマメロディはしっかり聴かせてくれる。ピアノのスーパードライ、切れが素晴らしい。
5曲目のDONA DONAには驚いた。どんなアプローチをするのかどきどきしていたが、ふむふむ、これもきっちりジャズに料理しているなぁと感心。われわれ世代では、ジョーンバエズのヒットで知らない人間はいないポピュラーな曲を引っ張り出すとは恐れいりました。素晴らしい編曲です。青春の甘酸っぱさがこみ上げてじーんときますね。(^^;
6曲目のビクターヤングのA HUNDRED YEARS FORM TODAYは、何かハクエイさんの想いが伝わってくる感じがあります。ただのジャズピアニストじゃあないことは確かです。100年先を見据えた、自らの音楽を通じ、赤レンガ倉庫がよみがえるかのごとく、ほこりをはらってキラキラした曲に仕上げてくれてます。素晴らしい。このあたりで、もう十分元はとれました。ありがとう!7曲目はタッドダメロンのこれまた古い名曲、LADY BIRDを、新しい感覚のテーマアレンジが素晴らしい。
最後のIN THE WEE SMALL HOURS OF THE MORNINGは、見事に美しいバラードです。ライナーノーツの中で寺島靖国さんが、ドラムの小山太郎さん曰く、HAKUEI KIMのよさは「センシティブ」なところだと書いておりますが、まったく同感です。一音一音が重なり合って素晴らしいハーモニーを放っております。終わった瞬間、余韻に浸るとはこのことでしょうか。
天は四物を、ハクエイさんに与えたようです。
1)素晴らしいジャズピアノの才能
2)美しい曲を作れる才能
3)謙虚なよい性格
4)イケメン

今後もじっくりと見守っていきたいジャズピアニストの一人です。ハクエイさんがんばって!
オーストラリアに留学していた時代の学友のベースとドラムスもなかなかの凄腕です。
ライブでも聴きましたが、素晴らしいコミュニケーションしてました。

(パーソネル)
HAKUEI KIM (P)
BEN WAPLES (B)
DAVE GOODMAN (DS)


(曲目)
1 Loud Zee (Jerry Bergonzi)
2 Elsa (Earl Zinders)
3 Holy Land (Ceder Walton)

4 Time On My Hands (Vincent Youmans)
5 Dona Dona (Shalom Secunda)
6 A Hundred Years From Today (Victor Young)

7 Lady Bird (Tadd Dameron)
8 In The Wee Small Hours Of The Morning (Bob Hilliard David Mann)

画像

画像





SHADOW OF TIME
SHADOW OF TIME

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SHADOW OF TIME - HAKUEI KIM Moritatジャズ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる