Moritatジャズ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴンサロ・ルバルカバ〜ライブアットモントルー

<<   作成日時 : 2006/04/23 00:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


最近注目しているピアニストの1人であるのがこの人、ゴンサロ・ルバルカバだ。先月3月14日にブルーノート東京でハーヴィーメイソントリオで初めてライブを聴いて以来気になっている。
今日は、彼の1990年のモントルージャズフェスティバルにおけるライブアルバムを聴く。なかなかの出来である。舞台が大きいほどに、燃えるタイプなのだろうか。ものすごくアグレッシブな演奏である。ベースは彼を見出した、チャーリーヘイデン、ドラムスはポールモチアン。
テクニックの凄さもあるが、なにより強烈なインプロビゼーションにおけるダイナミズムを感じる。そのほとばしる創造力は、白人でいうと、キースジャレットのそれに近いものを感じる。強い意志力というか、何か凡人ではないものを感じさせるものがある。
キューバ出身の黒人であるが、キューバならではの何かがあるのかもしれないが、それはよく分からない。ワールドワイドな活躍をする中で、キューバの黒人の血と、アメリカの黒人の血の融合があったのではないだろうか。
1 Well, You Needn't (08:47)
2 Velas (06:10)
3 Prologo Comienzo (05:09)
4 First Song (09:40)
5 Once Around the Park (05:46)
6 Joao (06:50)
7 All the Things You Are

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゴンサロ・ルバルカバ〜ライブアットモントルー Moritatジャズ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる